全館空調は、必要でしょうか?

現在、全館空調が住宅では主流になりつつあります。従来の個別空調と異なる点は、一台の空調設備のみで管理することができるため、家全体を温めることができます。
トイレや洗面所、お風呂場などは以前は空調が行き届かない場所でしたが、全館空調を導入することで空調が行き届かない場所を無くす事ができるため、家のどこにいても快適に過ごすことができます。
冬場はお風呂場のヒートショックなどで心臓に負担がかかってしまうリスクが有りましたが、全館空調の場合はどこにいても暖かいのでお年寄りでも安心して暮らすことができるのです。
開放的な吹き抜けなどの間取りのある家の場合、空調面でデメリットが大きかったのですが、全館空調という画期的な設備の登場により、吹き抜けがあっても室温を一定に保つことができるので、電気代も気にせずに使用することが可能になりました。さらに、ビルトインタイプのエアコンを使用するため見た目がすっきりしていてスタイリッシュです。

SNSでもご購読できます。